MENU
オグラ
FXトレーダー
はじめまして!オグラです。FX歴5年の兼業トレーダーが独学で培ってきたトレードに関するノウハウを発信しています。

リアルトレード・生配信・相場予想などを初心者の方にも分かりやすく解説しているのでぜひチャンネル登録をお願いします。

仮想通貨の相場分析レポート【2024年4月30日】

ビットコインがじわじわと下落してますが大丈夫ですか…?

管理人:おぐら

私は何の心配もしていませんが、5月と6月が正念場になります!

ビットコインとイーサリアムを中心とした仮想通貨市場は力強い上昇トレンドを止め、調整フェーズに移行しています。投資家やトレーダーはこの調整フェーズの終了を見極めなければなりません

従って本記事では、2024年の3月上旬から続く今の下落が軽めの調整フェーズなのか、それとも大きな下落を伴って本格的な調整フェーズに移行する合図になるのかを解説していきます!

既に仮想通貨の現物投資をしている方や、これから仮想通貨を買ってみようと考えている方は、本記事を最後までご覧いただくことをおすすめします

入金不要の口座開設ボーナスで仮想通貨をトレードしよう!

筆者は仮想通貨の現物投資のみならず、仮想通貨のレバレッジトレードも長年してきました。

ビットコインを始めとした仮想通貨市場が賑わいを見せる中、仮想通貨の全般のトレード難易度は劇的に低下しています

FX歴5年の筆者が断言します。日頃、為替通貨ペアのFXトレードで負け続いている方は一度、仮想通貨のFXトレードにチャレンジすることをおすすめしますよ

2024年4月時点で、口座開設ボーナスを3,000円→13,000円に増額しているので、XMの口座開設はお早めに!

\ 仮想通貨のレバレッジトレードを始めよう /

目次

ビットコインの相場分析

ビットコインの今後の値動きを左右する重要なポイントは4月のロウソク足の確定にあります。

皆様がこの相場分析レポートをご覧頂いている時点では月足が確定しているはずなので、少しでもテクニカル分析の能力を高めるためにも、ご自身でチャートを見ながらレポートを読み進めてみてください

それぞれを順に見ていきましょう!

ビットコインの月足チャート

ビットコインの月足チャート
BTCUSDの月足チャート

ビットコインの月足チャートで重要なラインは61346.17ドルになります。このラインは前回の仮想通貨バブル時につけた高値のロウソク足の実体部分になっているラインです。

ビットコインは先月のロウソク足で61346.17ドルをロウソク足の実体で明確に上にブレイクした後に、次は買いサポートラインとして機能するかを試している段階にあります。

管理人:おぐら

これがまさに”レジサポ転換“という現象ですね!

4月のロウソク足で61346.17ドルで買いサポートを得ることができれば、今後下落したとしてもこのラインが強力な買いサポートラインとして機能するため、落ちても買われる展開になる可能性が高いです。

ビットコインの週足チャート

ビットコインの週足チャート
BTCUSDの週足チャート

ビットコインの週足チャートを見てみると、2023年から続く上昇トレンドの中で2度目となる”4週連続陰線“を確定させました。大きく下落をしているわけではありませんが、注意が必要なポイントだと言えます。

先週の仮想通貨の相場分析レポートで申し上げましたが、ビットコインがここから下落をしてくるのならば、画像のような最後の上昇に対する調整の下落を深堀りしてきます。

現時点ではフィボナッチリトレースメント38.2%で買いサポートを得ているので、次はフィボナッチ50%や61.8%が下落の目処になります。

ここから考えられるシナリオは、月足が61346.17ドルより上で確定した後に、フィボナッチ50%付近まで下落はするものの、5月のロウソク足の確定時には再び61346.17ドルで買いサポートを得るというシナリオです。

管理人:おぐら

つまりビットコインは下落してもただの買い場になるということです!

ビットコインの日足チャート

ビットコインの日足チャート
BTCUSDの日足チャート

ビットコインの日足の最後の上昇に対してフィボナッチを当ててみると、最後の壁である61.8%で非常に力強い買いサポートを得ています。4月29日のロウソク足は長い下ヒゲをつけた陽線で確定しています。

最後の壁であるフィボナッチ61.8%で買いサポートを得ることができたということは、画像のような上昇3波を形成する可能性が残されているということです。

そしてその上昇3波を成立させるかどうかを判断するには、4時間足チャートなどの短期足がトレンド転換をしているのか、上昇を示唆するチャートパターンを形成しているのかを確認しなければなりません。

私は仮想通貨投資家である上にトレーダーでもあるので、チャート次第ではロングで勝負する予定です。

管理人:おぐら

要望が多ければエントリー報告専用のチャット部屋を準備するので、公式LINEで個別におっしゃってください!

\ 仮想通貨のレバレッジトレードを始める /

イーサリアムの相場分析

イーサリアムは4月のロウソク足の確定次第では、現在の調整の下落を深堀りする可能性が出てきます。現時点ではビットコインよりも少し弱いチャートを形成しているということです。

管理人:おぐら

長期的な目線は変わりませんが、少し警戒すべき相場になるかもしれません。

それぞれを順に見ていきましょう!

イーサリアムの月足チャート

イーサリアムの月足チャート
ETHUSDの月足チャート

イーサリアムは前回の仮想通貨バブル崩壊時に、右肩下がりの三尊天井を成立させた後に暴落に至りました。そして先月のロウソク足で、三尊天井の左肩のラインとして機能していた3282.63ドルを上にブレイクしました。

イーサリアムもビットコインと同様に月足チャートで”レジサポ転換“が発生するかを試している段階にあります。

しかしビットコインと異なり、4月30日の12時の時点では3282.63ドルよりも低い価格帯で推移しています。ここから夜にかけて上昇できるかが鍵を握っています

もし仮にレジサポ転換が発生せずに、前回のロウソク足の実体にアウトサイドする包足の陰線を形成してしまった場合は、5月は調整の下落を深堀りする可能性が高まります

イーサリアムの週足チャート

イーサリアムの週足チャート
ETHUSDの週足チャート

イーサリアムは先週に引き続き、最後の上昇に対してフィボナッチ61.8%をタッチした後に、フィボナッチ50%をロウソク足の実体で下にブレイクすることなく、依然として強い買いサポートを受けていることが確認できます。

加えて先週のロウソク足は、先々週のロウソク足にアウトサイドする陽線を形成しているので、ここから調整の下落を深堀りする場合であっても、一度上昇反発する可能性が高いと私は予測をしています。

従って、短期的にはロングの優位性が高い相場であるということです。

管理人:おぐら

具体的にどのようなチャートを形成してくるのかを見ていきましょう!

イーサリアムの日足チャート

イーサリアムの日足チャート
ETHUSDの日足チャート

先程申し上げた「調整の下落を深堀りする場合であっても一旦上昇反発する可能性が高い」ということを示したチャートがこちらになります。

仮想通貨に限らず全てのチャートにおいて、チャートパターンはフラクタル構造によって形成されています。

例えば、画像のような下落3波の2波目は短期足で見ると上昇3波で形成されます。つまりトレードをする際には、自分がどこの波を狙ってエントリーをするのかを明確にすれば、優位性のあるポジションは自然と見えてきます。

管理人:おぐら

私はフィボナッチと週足のロウソク足を根拠にして上昇3波を狙っていきます!

\ 仮想通貨のレバレッジトレードを始める /

今週のアルトコインのおすすめランキング

テキストリンクを押して気になるアルトコインの解説までスキップ!

ランキング銘柄
第1位ニアプロトコル(NEAR)
第2位バイナンスコイン(BNB)
第3位ソラナ(SOL)
第4位ドージコイン(DOGE)
第5位アバランチ(AVAX)
アルトコインのおすすめランキングTOP5

私が日頃監視している30銘柄のアルトコインの中から、今週のおすすめのアルトコインTOP5を厳選しました!

このランキングの基準はチャートから読み取れるテクニカル分析のみで判断しています。仮想通貨の将来性やファンダメンタルズなどは一切考慮していません。

管理人:おぐら

チャートを見ればその銘柄が期待されているのかどうかが、ひと目で分かりますよ!

\ 仮想通貨のレバレッジトレードを始める /

ニアプロトコル(NEAR)

ニアプロトコルの月足チャート
NEARUSDの月足チャート

ニアプロトコルは先週から変わらず、アルトコインの中で最もロングの優位性が高いチャートを形成しています。このまま三尊天井の左肩の価格で買いサポートが得られるでしょう。

しかし、ビットコインとイーサリアムの地合いを考慮すると、買いサポートを得られたからと言ってすぐにロングでエントリーをすることはできません

少なくとも今週は様子見をするフェーズになるという予測をしています。先程申し上げましたが、私がロングでエントリーをするタイミングを知りたい場合は公式LINEで教えて下さいね。

管理人:おぐら

要望が多ければエントリー報告のチャット部屋を作成します!

バイナンスコイン(BNB)

バイナンスコインの月足チャート
BNBUSDの月足チャート

バイナンスコインは直近の上昇によって史上最高値付近まで到達した数少ないアルトコインのうちの一つです。ビットコインとイーサリアムの上昇の影響を受けていない銘柄がある中で、BNBの上昇は強烈です。

史上最高値付近まで上昇した後に一定の売り圧力を受けてはいますが、それらをほぼ全て打ち消すほどの買い圧力が確認できます。今月のロウソク足が陽線で確定する可能性だって十分にあります。

管理人:おぐら

BNBが史上最高値を更新するのも時間の問題でしょう!

ソラナ(SOL)

ソラナの月足チャート
SOLの月足チャート

ソラナはバイナンスコインと同様に、史上最高値更新が目前に迫っているアルトコインです。月足のロウソク足の実体でみたときの高値である208.87ドルがレジスタンスとして機能していることが分かります。

そしてこの点はBNBとは異なり、208.87ドルに到達した後は大きな売り圧力を受けて、大陰線で確定しようとしています。

このまま大陰線で確定した場合は、5月は売りが優勢な状況になる可能性が高まりますが、ソラナの長期的な上昇トレンドは全く崩れていません

下落したとしても、それはただの調整の下落で最高の買い場になる可能性が高いでしょう。

管理人:おぐら

私も押し目買いのチャンスをひたすら待ち続けています!

ドージコイン(DOGE)

ドージコインの週足チャート
DOGEUSDの週足チャート

ドージコインは大底圏で右肩上がりの逆三尊を成立させた後に、リターンムーブを決め逆三尊のネックラインで買いサポートが得られるかを試している段階にあります。

ネックラインへのリターンムーブはこれで3回目になりますが、無事に買いサポートを得ることができれば、最高の買い場になる可能性が高くなります。

ネックライン付近で非常に長い下ヒゲをつけてロウソク足の実体が陽線で確定した際には、積極的にロングでエントリーをしていく予定です。

管理人:おぐら

これほど綺麗なチャートを形成しているので見極めはシンプルですね!

アバランチ(AVAX)

アバランチの月足チャート
AVAXUSDの月足チャート

アバランチニアプロトコルと同様に、前回のバブルで成立させた右肩下がりの三尊天井の左肩の価格で、レジサポ転換が発生するかどうかを試している段階にあります。

このまま下落せずに買いサポートを得ることができれば、今月のロウソク足が包足の大陰線で確定するものの、下落しても32ドル付近で買い圧力を受ける展開が続く可能性が高くなります

とはいえ、5月中は様子見をするという選択肢が最適な判断になるでしょう。

管理人:おぐら

焦らずテクニカルが出現するのを待ちましょう!

仮想通貨トレードをする方法

管理人:おぐら

私が仮想通貨トレードをする際には海外FXの”XMTrading“を使ってトレードをしています!

STEP

XMで口座開設をする

XMで仮想通貨トレードをするにはリアル口座を開設する必要があります

また、仮想通貨を取引できる口座タイプはマイクロ口座スタンダード口座KIWAMI極口座の3つの口座タイプになっているので注意してください。

STEP

XMのスマホアプリをダウンロードする

appstoreのXMTrading

XMでリアルトレードをするにはMT4かMT5の取引プラットフォームのアプリを使うか、XMの公式アプリを使うかの2択があります。

XMの公式アプリであれば入出金からトレードはもちろん、その他の手続きも行うことができるので、XMの公式アプリをインストールすることをおすすめしますよ

STEP

XMのスマホアプリを開く

XMの公式アプリのトップ画面

XMのスマホアプリを開いたら下部にある「銘柄」をタップします。

STEP

“Cryptcurrencies”をタップする

銘柄選択

仮想通貨銘柄である”Cryptcurrencies“をタップします。

STEP

取引したい仮想通貨を選択する

仮想通貨の選択

XMは合計58種類の仮想通貨をトレードすることができます。

今回はドル建てのビットコイン(BTCUSD)を選択します。

STEP

買いか売りを選択する

買いか売りの選択

買いでエントリーをするのか、売りでエントリーをするのかを選択します。

今回は買いでエントリーをしてみます。

STEP

注文内容を入力する

注文内容の入力

後はロット数ストップロス注文(逆指値注文)・テイクプロフィット注文(指値注文)を入力し、緑色の「注文を確定する」というボタンをタップすれば、注文が発信されます。

\ 仮想通貨のレバレッジトレードを始める /

仮想通貨市場は依然として強い【まとめ】

本記事ではビットコイン・イーサリアム・アルトコインのチャートから読み取れる情報を元に、仮想通貨市場の今週の相場分析を解説してきました。

仮想通貨の長期的な上昇トレンドが崩れる予兆は全く出現していませんが、アルトコインによっては下落に注意しなければならないチャートを形成している銘柄が多数存在します。

仮想通貨バブルが到来する可能性が高いからと言って、適当に投資をしていれば資産が勝手に増えていくということはありません。

その銘柄の将来性が期待されているのかどうかはチャートを見なければ分かりません。従って私はチャートを見る時間がない方々でも理解することができるテクニカル分析を、皆様にお伝えし続けます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして!おぐらです。FX歴5年の兼業トレーダーが独学で培ってきたトレードに関するノウハウを発信しています。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次